FC2ブログ

Home > 2009年12月

2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カセットプラント ファクトリー通信 vol.14

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 カセットプラント ファクトリー通信 vol.0014  2009/11/23発行
 
             
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
11月も終わりに近づき、寒い日が多くなって参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月、11月28日(土)から新潟市美術館で「水と土の芸術祭2009」の第二会期が始ま
ります。第一会期から引き続きカセットプラントの準備、展示作業を担当していただいた
学芸員の石垣雅美さんと、作業を担当していただいた石黒佳奈子さんに、2回に分けて
レポートしていただきます。

●目次
【1】にいがた「水と土の芸術祭2009」新潟市美術館、カセットプラント制作報告(1)
【2】展覧会・新着情報
【3】感想・ご意見募集


===================================
【1】にいがた「水と土の芸術祭2009」新潟市美術館、カセットプラント制作報告(1)
===================================

新潟市での初めての芸術祭「水と土の芸術祭」(2009年7月18日~12月27日)で、
山口啓介さんのカセットプラント「祭りの休憩室1,2,3+新津庭」(会場:新潟市
美術館、新津美術館)を展示しています。
第1会期での新潟市美術館でのカセットプラント作業は、石垣がお花集めを担当し、
実際の作業は石黒を中心にサポーターの皆さん、博物館学芸員実習生、職員が
一つとなって進めました。
今回は、石黒が、第1会期での準備をふり返ってレポートします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石垣に代わり、カセットプラントの主任を任された石黒です。
私なりに感じた、新潟市美術館でのカセットプラント制作の様子をレポートしたいと
思います。

カセットプラントという作品を実際に見たことがなく、写真を見ただけだったので、イマ
イチどのような作品か想像がつかなかったのですが、実習室にどーん!と置かれた
大量のダンボール(カセット100個入り)を見てビックリ!これを1万個作ると聞いて
気が遠くなりました。。。

この作品が全て手作業で、ドライフラワーを作るどころか、お花を集めるところから
スタート。石垣が毎週、近くのお花屋さんで処分するお花をもらってきたのですが、
お花屋さんは沢山あっても、意外と提供してくれるお店がなくて(>_<)
作業は大変ですが、色とりどりのお花に囲まれていると、自然と心が癒されますね。

お花をシリカゲル(乾燥剤)に漬けている間、樹脂を溶かします。最初は気になって
いた樹脂の独特の匂いも、いい加減、鼻がマヒして気にならなくなりました(笑)。
樹脂の塊は、見た目がべっ甲飴のようで、ちょっとおいしそう。(※食べられません)
これを砕くのが大変で、巡回に来た警備さんに手伝ってもらっていました。
巡回に来たのに、樹脂を砕いたり、かき混ぜたりする作業を日課にさせてしまい
スミマセン!!本当に感謝です!!

溶けて液体状になった樹脂をカセットケースに流しいれるのが1番の難関!!
作子さんに技を伝授してもらいましたが、最初はなかなか上手くいきませんでした
ね・・・第1段階として、カセットの「みぞ部分」に樹脂を入れるのですが、多すぎず
少なすぎず、この加減が難しい。うっかりカセットケースをパタンと倒してしまい、机
の上に樹脂がダラ~なんてことも・・・
数日間乾かした後、第2段階に突入。今度はカセットの表面にきれいな山型を
作るのですが、これが作業工程の中で最も難しい!!作子さんはとてもきれいな
山型をスラスラ作っていましたが、皆さんは苦戦しているようでした。
実は、私はこの作業は1番好きだったりします。主にこればっかりやっていた為、
誰よりも上手くなってしまい「樹脂流し名人」と呼ばれるほどに。作子さんにお褒め
いただき、スカウトされました(笑)

お手伝いしてくれた方が1番楽しまれていたのは、やはりドライフラワーをカセット
ケースに入れる作業とそれをガラス窓に貼る作業でした。ここにこれを貼れば
きれいだと、いろいろ考えながらガラス面を少しずつお花で埋めていくのが、本当に
楽しかったです。小さい子どもから大人の方まで、熱心に取り組まれていたのが
印象的でした。

結局、目標の1万個には届きませんでしたが、新潟市美術館の休憩室1、2、3
のガラス面一面とてもきれいなお花でいっぱいになりました!!!山口先生の案で
休憩室3の一部のカセットケースには色鉛筆など、お花以外の物も入り、また違った
感じで面白いです。そういえば、花の中には大きくて立派な百合の花もいただいた
のですが、花びらが大きすぎてカセットケースに入らず、残念でした。結局、サポーター
の方々にお持ち帰りしてもらいました。なので、山口先生!!!今度はバージョン
アップしてCDケースにお花などを入れてみてはどうでしょう!?薄すぎてダメかしら・・・

完成した作品を見て、苦労が報われた気がしました。お客様からも大好評で
「すごい!きれい!」と言われると本当に嬉しい。頑張って作った甲斐があったと
感じます。
本当に沢山の方々の協力があって完成したカセットプラントですが、特に積極的に
参加してくれた市民サポーターの古川マリ子さん。作業日は週2回だったのですが、
ほぼ毎日来てくれて、多い時は週7日、来てくれたことも(笑)
ボランティアの方ですから、空いた時間に少し来てくれるだけで十分なのに、
「遅れてすみませ~ん!!」と登場するマリ子さん。いやいや、いいんですよ!!
毎日手伝ってもらい、逆に申し訳ない(>_<)ボランティアではなく、ほぼ職員になって
しまいましたね。感謝してもしきれない位、隠れたカセットプラント隊長なんです!!

こうして出来上がったカセットプラントは、山口先生の作品であり、みんなの作品です。
私は学芸員ではなく、ただの事務員で、美術関係の仕事をしたのも初めてだったの
ですが、カセットプラントのお手伝いをさせてもらったことで、作品を作ったり観たりする
のが、こんなにも楽しいことなんだ!と、自分の中で何かが目覚めた感じです。
山口先生のカセットプラントに込められた「大切なものを《残す》」というメッセージのように、
私の記憶にも大切な思い出がまたひとつ増えました。ありがとうございます。
この気持ちをたくさんの人と分かち合いたいので、ぜひともカセットプラントファクトリーを
広めていきましょ~!!(*^_^*)


石黒佳奈子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【水と土の芸術祭2009 第2会期 山口啓介作品展示情報】

●カセットプラント「祭りの休憩室1・2・3」 新潟市美術館
 会期:新潟市美術館
 会期: 第2会期 11月28日(土)→2010年1月31日(日)
 お問い合わせ:TEL 025-223-1622
 (〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9)

 ◆新潟市美術館 HP 「水と土の芸術祭 第2会期」
 http://www.ncam.jp/html/modules/news/article.php?=&storyid=348


●山口啓介「アノマリー/新潟絵地図 niigata map」 
●カセットプラント「新津庭」 
 会場:新津美術館
 会期: 第2会期 10月20日(火)→2010年1月11日(月)
 お問い合わせ:TEL 025-025-1301
 (〒956-0846 新潟市秋葉区浦ヶ沢109-1)

 ◆新津美術館 HP 「水と土の芸術祭 第2会期」
http://www.city.niigata.jp/info/naf/007tenji/01H21-jigyou/08mizutuschi2/exhibition1.html

=====================================
【2】展覧会・新着情報
=====================================


【只今開催中!】


●「KAMI(紙/神):静と動―現代日本の美術」

会期:2009年10月15日~2010年1月4日
展示会場:ザクセン州立美術館銅版画館(ドレスデン)
主催:ザクセン州立美術館、独立行政法人 国際交流基金
後援:在ドイツ日本国大使館
協力:東京国立近代美術館

 
 ◆国際交流基金 HP
  http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/0909/09-02.html
 ◆上記展覧会のカタログ情報です(amazonより)
http://www.amazon.de/s/ref=nb_ss?__mk_de_DE=%C5M%C5Z%D5%D1&url=search-alias%3Daps&field-keywords=9783422069572


●東京国立近代美術館 所蔵作品展「近代日本の美術」

会場:東京国立近代美術館本館所蔵品ギャラリー
会期:2009年10月3日(土)~12月13日(日)
後期:11月17日(火)~12月13日(日)
開館時間:10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)(入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜日、11月23日(月)は開館、翌日休館

*山口啓介 展示作品のご案内
「第5章 現代美術-1970年代以降」
・山口啓介  王の墓 1989年 銅版  本館2F
・山口啓介  千の高原 1990年 銅版  本館2F

 ◆東京国立近代美術館 HP 展覧会情報
 http://www.momat.go.jp/Honkan/permanent20091003.html#detail 


●アートプログラム青梅「空間の身振り」展


会 期:2009年11月7日(土)~11月23日(月)
    【青梅市立美術館のみ11月29日(日)まで開催】
会 場:青梅市内青梅織物工業協同組合施設周辺、青梅市立美術館、吉川英治記念館
時 間:10:00~17:00、会期中無休
主 催:アートプログラム青梅実行委員会
共 催:文化庁、青梅市
参加作家:牛島 達治、大竹 敦人、尾長 良範、斎藤 美奈子、作間 敏宏、重政 啓治
       戸谷 成雄、平田 星司、水上 嘉久、母袋 俊也、山口 啓介、吉野 辰海
同時開催: 「PREMIUM OME」Art Program Ome 2009 4大学学生展プログラム

*山口啓介作品展示情報
山口の作品が展示されている青梅市立美術館は11月29日(日)まで開催しています
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館:9日(月)、16日(月)、17日(火)、18日(水)、24日(火)

 ◆アートプログラム青梅 ホームページ
  http://www.art-program-ome.com/index.html



●「水と土の芸術祭2009」
会期:2009年7月18日(土)→12月27日(日)
会場:新潟市全域726km2(日)
料金:一般 2500円 (前売り 2000円)/学生、65歳以上 2000円(前売 1500円)/
    小中高校生800円(前売 500円)
主催:水と土の芸術祭実行委員会
実行委員長:篠田昭(新潟市長)
ディレクター:北川フラム(アートディレクター・新潟市美術企画監)
お問い合わせ:水と土の芸術祭実行委員会事務局
(新潟市交流推進課 水と土の芸術祭推進室内)
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
TEL.025-226-2103/FAX.025-228-6188/E-mail: koryu@city.niigata.lg.jp

市民サポーターズ会議事務局「みずっちたんく」
〒950-0123 新潟市江南区亀田水道町2-4-3
TEL.025-384-0926/FAX.025-384-0927/E-mail: tank@mizu-tsuchi.jp

 ◆日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 HP
  http://www.mizu-tsuchi.jp/

*山口啓介作品情報は上記→【1】「水と土の芸術祭2009」山口啓介作品展示情報
 をご覧ください。



=====================================
【3】感想・ご意見募集!
=====================================


メルマガを読んだ感想、ご意見を編集部に送ってください。次回の通信の参考
にさせていただきたいと思います。

感想・ご意見メールはコチラまで!⇒ cp-factory@nexyzbb.ne.jp

-------------------------------------------------------


カセットプラント ファクトリーからのメルマガ、インフォメーションの
不要の方は、このメールをそのまま返信して下さい。
また、メールアドレスの変更をされる際は、お手数ですが
cp-factory@nexyzbb.ne.jp までお知らせ下さい。

-------------------------------------------------------

●プライバシーポリシー

このメールマガジンは、カセットプラント ファクトリーにご登録の方へお送
りしています。登録いただいた情報は、当事務局の責任において管理し
カセットプラント ファクトリーの活動範囲以外では一切使用いたしません。


編集   カセットプラント ファクトリー通信編集部 
発行   カセットプラント ファクトリー事務局
お問合せ cp-factory@nexyzbb.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
copyright(C)2007-2009 カセットプラント ファクトリー All right reserved.

   

Home > 2009年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。